SHIGEMON BLOG

Nゲージ・鉄道模型工作・ジオラマ製作・3Dプリンター・レーザー加工機まとめ

ジオラマ工作 梅小路ジオラマ製作

TOMIXのレイアウトボードにターンテーブルを埋め込む / 梅小路ジオラマ

投稿日:2018年2月5日 更新日:

今回製作する梅小路ジオラマはできるだけ実物通り再現できるようGoogleマップをベースに線路とストラクチャーを配置します。

事前にイラストレーターで配置図面を作っておきました。

使用するレイアウトボードはTOMX製の600×900mmのものです。

実物通りに配置はしたいのですがモジュールボードに収める必要はありますので実物では転車台から本線まで南東へ伸びる線路を真横に伸ばし無理やりボードに収めます。

違和感の無いようなデフォルメが必要になってきます。

TOMIXのレイアウトボードにターンテーブルを埋め込みます。

OLFAの丸く切れるカッターを用いてレイアウトボードの上面ベニアを切り抜きます。

コンパスの要領でカッターを回転し切断します。

ベニアなので力は必要ですがものの数分でカットできました。

が、裏側の角材とターンテーブルが干渉してしまったのでカットしてスライド後接着しました。

苦肉の策

外周線路はKATOのフレキシブル線路を使用する予定なので高さをそろえるため転車台の外側に1mm厚のコルクシートを敷くことにしました。

同様に丸く切り抜いたコルクシートをボード全体に貼り付けます。

コルクシートはモノタロウで購入しました。

木工用ボンドでターンテーブルを固定します。

機関庫モジュールの中心部分が出来上がりました。

-ジオラマ工作, 梅小路ジオラマ製作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

機関車館裏側の通路屋根も3Dプリンターで製作 / 梅小路ジオラマ

  細い工作に関しては動画ではなく画像を撮りためていますので少しずつ公開していきます。 梅小路蒸気機関車館の裏側にある通路ですがこちらも出来る限り3Dプリンターを使用して製作します。 実物を …

扇形庫の壁部分も接着します

3Dプリンターで出力した扇形庫パーツの組み立てる / 梅小路ジオラマ

いよいよ扇形庫を組み立てます。 コツコツと表面処理&窓はめしたパーツ達が形になる瞬間です。 図面も用意していますが誤差は必ずありますのでそれっぽく組み上げていきます。 それぞれのパーツを仮組み …

機関庫の柱部分も3Dで出力してフルスクラッチ

3Dプリンターを使って扇形庫をフルスクラッチ / 表面処理 / 梅小路ジオラマ

梅小路ジオラマの機関庫部分は全て3Dプリンターで出力します。 こういった建築模型などはレーザー加工機でカットしたボード紙やアクリル板で組み立てることが多いのですが、今回は試しにできる限り3Dプリンター …

情景テクスチャーペイントとパステルで地面の作り方

情景テクスチャーペイントとパステルで地面を表現する / 梅小路ジオラマ

ジオラマや情景模型の地面部分を作る際によく使われている素材がTAMIYAの情景テクスチャペイントですよね。 セラミック粒子が混ぜられており筆塗りするだけで簡単に地面をつくることができます。 昔これを用 …

梅小路機関庫のSL検修庫をNゲージで製作 / 梅小路ジオラマ

今回は連日作っているジオラマ、梅小路機関庫のSL検修庫の部分を製作していきます。 当初は省略しようと考えていたのですが全景を見るとやはり裏側の検修庫が無いのは少し寂しかったので作ることにしました。 製 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。