SHIGEMON BLOG

Nゲージ・鉄道模型工作・ジオラマ製作・3Dプリンター・レーザー加工機まとめ

3Dプリンター ジオラマ工作

転車台 外周線路の渡り板部分を製作 / 梅小路ジオラマ

投稿日:2018年5月7日 更新日:

転車台の外周線路に設置する渡り板部分の製作です。

3Dプリンターで作ったりプラ板をカットしたりと試行錯誤していましたが結局こちらもDMMに発注しました。

転車台部分はよく目がいく場所なのである程度の精密感は必要ということでアクリル造形だと問題ないかと思います。

こちらがモデリングデータです。

ランナーにまとめて造形しました。

20枚の渡り板を1つのランナーにまとめました。

今回制作する梅小路は外周線路が40線ですので(実際は42線ですが対角線上の1線を省略)2つのランナーが届きました。

また、今回は渡り板だけでなく梅小路の転車台に設置されている転車台のロック部分も造形しました。

この部分の名称はわかりませんが転車台が動かないようにするストッパー部分です。

ランナーごと塗装してパーツを切り出していきます。

3Dプリント品は積層があるためカットした衝撃で積層に沿って割れることがあります。

注意してカットします。

超音波カッターなどがあれば便利かと思いました。

外周線路に渡り板を設置していきます。

ロック部分のパーツには実物同様に黄色を筆塗りしていきます。

塗装が終わればこちらも接着。

いずれも木工用ボンドで接着しました。

続いて渡り板間を繋ぐ部分をプラ板で製作していきます。

この作業が1番大変でした。

線路と線路の間を埋めるようにプラ板をカットして敷き詰めていきます。

40ヶ所埋め終わりました。

ニュートラルグレーで塗装。

俯瞰で見ると様にりますね、梅小路の雰囲気が出てきたような気がします。

-3Dプリンター, ジオラマ工作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

窓ガラスをはめ込んだ様子

レーザー加工機でカットしたアクリル板で窓ガラスを製作 / 梅小路ジオラマ

今回の機関庫は可能な限り3Dプリンターで作ることをテーマにしていますので雨樋部分もDreamerで出力しました。 直径1mmの雨樋ですので真鍮線かプラ棒で作るほうが効率的なパーツではありますが何事も挑 …

梅小路機関庫のSL検修庫をNゲージで製作 / 梅小路ジオラマ

今回は連日作っているジオラマ、梅小路機関庫のSL検修庫の部分を製作していきます。 当初は省略しようと考えていたのですが全景を見るとやはり裏側の検修庫が無いのは少し寂しかったので作ることにしました。 製 …

ミニチュア アルミホイルでブルーシートを再現 / Nゲージ ジオラマ製作 / 保線区車両

ミニチュアのブルーシートをアルミホイルから作る / Nゲージ ジオラマ製作

Nゲージサイズのジオラマなどに使えるブルーシートを作ってみました。 ブルーシートの再現は以前から課題ではあったのですがアルミホイルを用いることで再現することができました。   材料はおそらく …

扇形庫の壁部分も接着します

3Dプリンターで出力した扇形庫パーツの組み立てる / 梅小路ジオラマ

いよいよ扇形庫を組み立てます。 コツコツと表面処理&窓はめしたパーツ達が形になる瞬間です。 図面も用意していますが誤差は必ずありますのでそれっぽく組み上げていきます。 それぞれのパーツを仮組み …

自作の梅小路扇形庫の煙突と屋根の製作

機関庫の煙突と屋根上を精密化 / 梅小路ジオラマ

扇形庫の屋根部分はガイアカラーのニュートラルグレーⅠ~Ⅳを用いて塗装しています。 ただ単色の塗り分けなのでメリハリがついており単調な仕上がりになっていてジオラマ感がありません。 そこでエナメル塗料各種 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。