SHIGEMON BLOG

Nゲージ・鉄道模型工作・ジオラマ製作・3Dプリンター・レーザー加工機まとめ

ジオラマ工作 梅小路ジオラマ製作

KATOの樹木キットの製作 / フォーリッジ接着のコツ / 梅小路ジオラマ

投稿日:2018年5月7日 更新日:

KATOの樹木キットを製作します。

昔からあるものなので今更感はありますが結構組み立てにコツがいるキットでもあります。

付属の幹パーツをねじりながら木の形にします。

放射状にねじることで実物の木のような形にすることができます。

成型色のままだと血相が悪いような感じがしますのでフラットブラウン/レッドブラウンで彩色します。

そのまま筆塗りをするだけです。

乾いたら木工用ボンドを爪楊枝で塗布し付属のフォーリッジをまぶして固定します。

ただこのフォーリッジはそのままでは接着しにくいためできるだけ細かくほぐしておきます。

細かくほぐしたフォーリッジを何度も接着することでしっかりと固着させることができ密度の高い樹木を製作することができます。

彩色した爪楊枝をベースにフォーリッジを接着し針葉樹林風の木も作っておきました。

梅小路にはこのような樹木が割と多く植えられています。

フォーリッジは一度に全部付けるのではなく少しずつ接着し乾燥させまた接着の繰り返しで丈夫な樹木になります。

フォーリッジがポロポロ落ちるのは嫌ですからね。。

設置場所の地面に穴を開け樹木を接着します。

写真は20番線側面部分の樹木を設置しているところです。

実物よりも少し背が高いですが雰囲気はでたと思います。

-ジオラマ工作, 梅小路ジオラマ製作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

PECOのターンテーブルの加工

ターンテーブルピット内部の円形レールを製作 / 梅小路ジオラマ

PECOのターンテーブル NB-55のピット内部を製作します。 とその前に、開封時に欠品(破損)していたパーツが届きました。 無事取り付け完了です。 梅小路のターンテーブルは上路式ですのでNB-55で …

ひび割れた箇所を溶いた石粉粘土で補修

ダイソーの石粉粘土でアスファルトを表現 / 梅小路ジオラマ

梅小路蒸気機関車館の転車台外周にはアスファルトが敷かれています。 その部分を再現するためにダイソーで販売されている石粉粘土を使用することにしました。 石粉粘土は乾燥まで時間がかかるのですが乾いた後の加 …

梅小路機関庫のSL検修庫をNゲージで製作 / 梅小路ジオラマ

今回は連日作っているジオラマ、梅小路機関庫のSL検修庫の部分を製作していきます。 当初は省略しようと考えていたのですが全景を見るとやはり裏側の検修庫が無いのは少し寂しかったので作ることにしました。 製 …

情景テクスチャーペイントとパステルで地面の作り方

情景テクスチャーペイントとパステルで地面を表現する / 梅小路ジオラマ

ジオラマや情景模型の地面部分を作る際によく使われている素材がTAMIYAの情景テクスチャペイントですよね。 セラミック粒子が混ぜられており筆塗りするだけで簡単に地面をつくることができます。 昔これを用 …

PECO ターンテーブル NB-55 組み立て

PECO NB-55 ターンテーブルキットの組み立て / 梅小路ジオラマ

梅小路蒸気機関車館のジオラマに欠かせないのが扇形庫の中心部分に当たる転車台(ターンテーブル)です。 現在市販で手に入るターンテーブルはKATO、TOMIXからそれぞれ発売されている電動ターンテーブルに …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。