京都鉄道博物館 鉄道車両

【2018年5月27日に本線運転を引退】C56160号機が牽引するスチーム号を見てきました

投稿日:2015年5月30日 更新日:

約10年ぶりにC56160がスチーム号を牽引

D51200号機が本線運転復活のために全般検査&整備を受けていますね。

同時に8630号機とC612号機も整備を受けているらしく、バラバラになっておりました。

というわけで最近では牽引機にC622号機が頻繁に使用されていました

10年ぶりにSLスチーム号を牽引

梅小路のC56

いました、C56160号機

普段はSLやまぐち号SL北びわこ号を本線で牽引している機関車です。

実際に動いているところをみたのは8〜9年くらい前かもしれません。

追記:2018.05.27をもってC56160号機は本線運転を引退しました。

バック運転用に後方が欠き取られたテンダー

C12型蒸気機関車にテンダーを設置した機関車、というだけあって全長は小さい可愛い機関車です。

特徴あるテンダーですね。

現役本線運転機関車の迫力

大きさ的には8630とさほどかわりはなく、C62の大型機ならではの迫力にも慣れているつもりでした。

しかし、さすが本線運転をしているSLだけありますね…。

運転に関するパフォーマンスはずば抜けていました。

ボッ、ボッというかなり大きいブラスト音が心臓に響いてきます

勢いよく空回りする動輪に力強さを感じました。

転車台に乗るC56160

通常、15時30分のスチーム号の運転を終えると、転車台に機関車が進入して無駄にぐるっと1回転したのち、給炭施設への引き込み線へ機関車が移されます。

その際に長めの汽笛を鳴らしながら回転するのですがこの汽笛の音も地響きするぐらいの音色でかなりの迫力があったのが印象的でした。

今後のC56160の活躍は…?

梅小路のスチーム号はじっくりとした低速での運転なので大きな機関車でもあまり迫力を感じれないのですが…、久しぶりに良い運転を見ることができました。

そういえば、D51200号機が本線運転に当たる際に『C56160号機に置き換えて』と発表されていましたね。

今後はC56がスチーム号を牽引するのでしょうかね。

できれば本線運転も続けてくれたら嬉しいなあ。

気になるところです。

追記:2018.05.27をもってC56160号機は本線運転を引退しました。

京都鉄道博物館のホームページを見るとSLスチーム号牽引機一覧にC56が追加されていました。

静態保存ではなく動態機として今後も活躍期待しています。

YouTube動画

C56160号機が牽くスチーム号を見てきた! / 梅小路蒸気機関車館 京都鉄道博物館

-京都鉄道博物館, 鉄道車両

SHIGEMONです。
ジオラマ製作 / 模型工作 / 鉄道模型レビューを中心に動画を更新しています。
最近はYouTubeLIVEも活用して模型工作LIVE / 開封LIVEなども。
3Dプリンターやレーザー加工機を使ったモノづくり系動画も人気です。
2018年はさらなる飛躍を!