SHIGEMON BLOG

Nゲージ・鉄道模型工作・ジオラマ製作・3Dプリンター・レーザー加工機まとめ

ジオラマ工作 梅小路ジオラマ製作

転車台の外周に隣接線路を設置!/ 梅小路ジオラマ

投稿日:2018年2月5日 更新日:

レイアウトボードに埋め込んだ転車台の外周線路を設置します。

NB-55に付属の説明欄に配置図面が載っています。

実寸なのでコピーしてレールを設置する箇所を書き込みます。

イラストレーターで製作した図面もプリントしてあらかじめ土台設置部分の目安を作っておきます。

当たりを付けた説明書をカットしてそれを基準に線路を放射状に配置します。

楽しいですが難しい作業。

これで全体の基準が決まるため慎重に行います。

どんどんレールを置いていきますが転車台の円周とレールの幅の都合上、実物では42線のところ2線省略して40線とします。

これはNゲージサイズでは仕方ない省略ですね。。

9mmというのは実物のレール幅の1/150ではないのです。。

単純に1/150で図面を作ったとしてもレールのサイズは固定ですので縮尺が合わなくなりどこかでデフォルメが必要になります。

ただ今回は2線(対角線上1本)だけの省略ですので全体の印象は大きく変わらないと思います。

ボードのフチにくる線路は端にそろえてカットします。

レールカッティングニッパーが重宝しました。

放射状に広がる線路は圧巻ですね。

-ジオラマ工作, 梅小路ジオラマ製作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

木工用ボンドでターフを接着する方法

ターフとパウダーで草を表現する / 梅小路ジオラマ

前回作った地面部分に草むらを表現していきます。 使用するのは木工用ボンド水溶液と市販のターフやパウダーです。 今回はKATOとTOMIXから販売されている物をブレンドして使用します。 草を置きたい箇所 …

窓ガラスをはめ込んだ様子

レーザー加工機でカットしたアクリル板で窓ガラスを製作 / 梅小路ジオラマ

今回の機関庫は可能な限り3Dプリンターで作ることをテーマにしていますので雨樋部分もDreamerで出力しました。 直径1mmの雨樋ですので真鍮線かプラ棒で作るほうが効率的なパーツではありますが何事も挑 …

情景テクスチャーペイントとパステルで地面の作り方

情景テクスチャーペイントとパステルで地面を表現する / 梅小路ジオラマ

ジオラマや情景模型の地面部分を作る際によく使われている素材がTAMIYAの情景テクスチャペイントですよね。 セラミック粒子が混ぜられており筆塗りするだけで簡単に地面をつくることができます。 昔これを用 …

ひび割れた箇所を溶いた石粉粘土で補修

ダイソーの石粉粘土でアスファルトを表現 / 梅小路ジオラマ

梅小路蒸気機関車館の転車台外周にはアスファルトが敷かれています。 その部分を再現するためにダイソーで販売されている石粉粘土を使用することにしました。 石粉粘土は乾燥まで時間がかかるのですが乾いた後の加 …

製作した樹木を梅小路の50系客車後ろに設置

KATOの樹木キットの製作 / フォーリッジ接着のコツ / 梅小路ジオラマ

KATOの樹木キットを製作します。 昔からあるものなので今更感はありますが結構組み立てにコツがいるキットでもあります。 付属の幹パーツをねじりながら木の形にします。 放射状にねじることで実物の木のよう …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。