SHIGEMON BLOG

Nゲージ・鉄道模型工作・ジオラマ製作・3Dプリンター・レーザー加工機まとめ

ジオラマ工作 梅小路ジオラマ製作

PECO NB-55 ターンテーブルキットの組み立て / 梅小路ジオラマ

投稿日:2018年2月5日 更新日:

梅小路蒸気機関車館のジオラマに欠かせないのが扇形庫の中心部分に当たる転車台(ターンテーブル)です。

現在市販で手に入るターンテーブルはKATOTOMIXからそれぞれ発売されている電動ターンテーブルになります。

ただし、今回はフルスクラッチで扇形庫を自作し限りなく梅小路に近づけることが目標にしているため、既製品の電動ターンテーブルだと忠実に再現することができません。

というのも、梅小路蒸気機関車館の転車台外周線路は42線あります。

KATOの電動ターンテーブルは36線、TOMIXの電動ターンテーブルでは線と実物通りの配線にならないのです。

そこで今回採用したのがPECOのターンテーブル NB-55です。

電動ではありませんが別途モーターを組み込み一応電動化は可能。

このNB-55ならある程度の加工ができますし外周線路も実物通りに配置が可能になります。

中身はターンテーブルのキットになっておりABS製のランナーとピットが同封されています。

レール部分と通電パーツは小袋に入っていました。

通電するための真鍮パーツをはめ込み組み立てます。

レールを組み込みます。

付属の銅パーツを折り曲げ転車台のピット底に取り付けます。

これでレールに通電も可能です。

と思いきや2つあるうちの片方のパーツの端が欠けていました。

欠品や不良品を引く確率が高くなってきました(心配)

購入店にメールしてみます。

取り付け説明書は英語で記載されています。

底に取り付けた銅パーツのツメは折り曲げておきます。

桁部分も説明書の図通りに組み立てます。

特別問題ありません。

桁をピットにはめ込みました。

写真では見えにくいですが桁の上面部分には木のモールドがあります。

KATOのターンテーブルと比較してみます。

直径はKATO製の方が大きいですね。

KATOの新C62を乗せてみます。

サイズ感おわかりでしょうか。

機関車が特別小さく見えることもないかと思います。

C62もギリギリ乗せることができます。

こちらの方が実物のイメージに近いですね。

今後この転車台を中心に扇形庫をフルスクラッチで製作していきます。

-ジオラマ工作, 梅小路ジオラマ製作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自作の梅小路扇形庫の煙突と屋根の製作

扇形庫裏側の裏庭部分の製作 / 梅小路ジオラマ

細い工作に関しては動画ではなく画像を撮りためていますので少しずつ公開していきます。 今回は裏庭部分にある小さな竹垣部分を真鍮で作ります。 カットしてはんだ付けするだけの工作です。 うまくはんだ付けでき …

ミニチュア アルミホイルでブルーシートを再現 / Nゲージ ジオラマ製作 / 保線区車両

ミニチュアのブルーシートをアルミホイルから作る / Nゲージ ジオラマ製作

Nゲージサイズのジオラマなどに使えるブルーシートを作ってみました。 ブルーシートの再現は以前から課題ではあったのですがアルミホイルを用いることで再現することができました。   材料はおそらく …

Google Mapsが資料!扇形機関庫の屋根上を製作 / 梅小路ジオラマ

扇形庫を屋根部分を作ります。 屋根の様な板状パーツはプラ板などをカットする方が何倍も早いのですがこちらも3Dプリンターで出力。 3Dプリントの魅力をもっと引き出したいのです。 20線分の屋根を造形後、 …

PECOのターンテーブルの加工

ターンテーブルピット内部の円形レールを製作 / 梅小路ジオラマ

PECOのターンテーブル NB-55のピット内部を製作します。 とその前に、開封時に欠品(破損)していたパーツが届きました。 無事取り付け完了です。 梅小路のターンテーブルは上路式ですのでNB-55で …

フルスクラッチ扇形庫の仮組み状態

扇形庫の土台部分も3Dプリンターで造形してみた / 梅小路ジオラマ

自作の扇形庫をどうやって組み立てるかを考えています。 基本的に機関庫(その他のストラクチャーも)部分は3Dプリンターで造形することを前提にしています。 前回も書きましたが本来建築模型などはレーザー加工 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。