SHIGEMON BLOG

Nゲージ・鉄道模型工作・ジオラマ製作・3Dプリンター・レーザー加工機まとめ

梅小路ジオラマ製作 鉄道模型

機関車館裏側の通路屋根も3Dプリンターで製作 / 梅小路ジオラマ

投稿日:2018年5月16日 更新日:

 

細い工作に関しては動画ではなく画像を撮りためていますので少しずつ公開していきます。

梅小路蒸気機関車館の裏側にある通路ですがこちらも出来る限り3Dプリンターを使用して製作します。

実物を厳密に再現しているわけではなくデフォルメは多いですが凹凸を付けた板状のオブジェクトを3Dプリントします。

これをカットしてトタン屋根を再現します。

加工としては遠回りをしてる気もしないこともないですが、必要な形状の素材を作って加工するという使い方もできる点は3Dプリンターのメリットだと思います。

エバーグリーンの凹状の素材が手元にありましたのでトタン屋根を挟み込むように接着して屋根を作ることにしました。

柱部分は強度を考慮して2mmのプラ棒を使用。

少し太いのが気になります。

あまりに気になるようでしたら1mmのものに取り替えるかもですが今はこのままで。

機関庫のフチに沿って屋根を設置する必要があるので折り曲がる部分をどう表現するか考えています。

プラバンをカットしてもいいのですが鋭角すぎる三角形をうまくかっとすることができず

結局この部分も3Dで作ることにしました。

プラバンカットの方が効率が良いパーツでも3Dを使うことで同じ形状を数分で量産することができます。

下地にガイアのエボブラックを塗装

スカイブルーとブルーを調色して下地が見えるように塗装しました。

プラ板を貼り付けて塗装した通路部分に屋根を接着します。

機関車側の出入り口ヒサシ部分も同様に作っておきました。

裏庭から見ると機関車館の雰囲気が出たと思います。

昔はこの裏庭あたりにジオラマがある展示室があったのを記憶しています。

梅小路蒸気機関車館も何度もリニューアルされていて旧二条駅舎の移築前と後ではだいぶと施設が変わったと思います。

-梅小路ジオラマ製作, 鉄道模型

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フルスクラッチ扇形庫の仮組み状態

扇形庫の土台部分も3Dプリンターで造形してみた / 梅小路ジオラマ

自作の扇形庫をどうやって組み立てるかを考えています。 基本的に機関庫(その他のストラクチャーも)部分は3Dプリンターで造形することを前提にしています。 前回も書きましたが本来建築模型などはレーザー加工 …

PECOのターンテーブルの加工

ターンテーブルピット内部の円形レールを製作 / 梅小路ジオラマ

PECOのターンテーブル NB-55のピット内部を製作します。 とその前に、開封時に欠品(破損)していたパーツが届きました。 無事取り付け完了です。 梅小路のターンテーブルは上路式ですのでNB-55で …

レーザー加工機で梅小路ジオラマの看板製作

Nゲージ 梅小路蒸気機関車館の看板を作る / 梅小路ジオラマ

梅小路蒸気機関車館の特徴でもある屋根上の看板を作っていきます。 Illustratorで文字と看板部分のデータを作成し、レーザー加工機でカットしました。 精密な板状パーツは3Dプリンターではなくレーザ …

no image

梅小路蒸気機関車館のSLスチーム号をNゲージで再現!/ 3Dプリンター

情景テクスチャーペイントとパステルで地面の作り方

情景テクスチャーペイントとパステルで地面を表現する / 梅小路ジオラマ

ジオラマや情景模型の地面部分を作る際によく使われている素材がTAMIYAの情景テクスチャペイントですよね。 セラミック粒子が混ぜられており筆塗りするだけで簡単に地面をつくることができます。 昔これを用 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。